なんと130万円!

海と日本PROJECT in とっとり

11月6日のかに解禁から1日遅れで鳥取県内の初競りが岩美町の網代漁港、鳥取市の鳥取港、境港市の境漁港で行われました。

そのなかでも鳥取港で行われたセリでは鳥取カニのブランド蟹「五輝星」のセリも行われました。

この五輝星、簡単に説明すると甲羅幅が13.5センチ以上の大きさで重さ1.2キロ以上、脚が全て揃っていて、鮮やかな色合い、しっかり身が詰まっている蟹だけに与えられる称号で昨年度は全体の1.5%にも満たない貴重な蟹です。

その五輝星になんと130万円の値がつきました。

昨年の70万円を60万も上回る全国でも最高値の蟹が誕生しました!

みなさんも是非美味しい松葉ガニを食べに鳥取に来てくださいね。

なんと130万円の蟹!

  1. 11月9日からかにっこ館で展示されます

かにの水揚げ量日本一だけでなく、消費量も日本一の鳥取県。

近年では鳥取県を「蟹取県」に改名したり、地元の中学校では一人に1枚松葉ガニが出るなど鳥取県民は大のかに好きです。

イベント名なんと130万円の値が!
ページ上部へ戻る