ギンザケ集会

海と日本PROJECT in とっとり

6月24日(土)に放送された、鳥取県境港市の保育園で行われた「ギンザケ集会」。

ギンザケは、「境港サーモン」と名付けられ、境港市の新しい特産品として全国に出荷されています。

集会では、地元で魚の養殖・加工事業を手掛ける弓ヶ浜水産が、子どもたちに、ギンザケの一生を学ぶオリジナル紙芝居「さけのギンちゃん」の読み聞かせを行います。

子どもたちは、解体ショーのあと、給食タイムに「境港サーモンのムニエル」をいただきます。

海の恵みに感謝する心を育むことを目的として開催される、「ギンザケ集会」。

子どもたちは、この集会を通して、地元の魚に触れ、海について楽しく学ぶことができました。

地元のサケ養殖加工会社による紙芝居

  1. 紙芝居の読み聞かせを真剣に聴く幼児
  2. 最後はみんなで給食でサケをいただきます!

紙芝居を楽しんだあとは園の調理師によるギンザケの解体ショーが行われました。

そしてお楽しみの給食で銀ザケのムニエルをいただきました。

 

ページ上部へ戻る