つまみの定番!高校生のサバ缶づくり

2018-10-12
海と日本PROJECT in とっとり

鳥取県の境港総合技術高校では、半世紀以上続くある授業があります。それは、サバ缶をつくる授業!
9月、食品・ビジネス科の3年生たちが、地元・境港で水揚げされたサバを使い、サバ缶をつくる実習を行いました。

半世紀続いているとあって、作りかたも本格的。

缶に入れるたれは昆布やかつおぶしなどが使われていて、代々受け継がれてきた、まさに秘伝の味となっています!

サバの缶詰はおよそ3000個作られる予定で、出来上がったサバ缶は10月20日の『総合技術フェア』で1個150円(税込)で販売されるということです。

今夜のつまみにおひとついかがですか?

  1. 使われるのは地元・境港の新鮮なサバ
  2. 3年目ということで学生も手慣れたもの
  3. 学校秘伝のたれ!味がきになりますね

ご当地おつまみを是非ご賞味ください。

イベント名総合技術フェア
日程10月20日(土)10時~13時30分
場所鳥取県立境港総合技術高校

関連リンク

ページ上部へ戻る