みなと祭(境港)開催!

2018-7-30
海と日本PROJECT in とっとり

7月22日、境港市で第73回みなと祭が開かれました。この祭りは、日本有数の港町として知られる境港の漁の安全と大漁を祈願する祭り(大漁祈願祭)として始まりました。今では大漁祈願祭だけでなく、境水道での漁船パレード、リニューアルした水木しげるロードでは市民がみこしを担ぎ、JR境港駅前特設会場ステージでは市民による踊りなどが披露。約2,000発の打ち上げ花火大会がフィナーレを飾る等「さかなと鬼太郎のまち」境港の一大イベントなんです。今回、大港神社で行われた大漁祈願祭を見学しました。60キロ級のクロマグロが奉納され、漁業・観光関係者ら約50人が海上安全や大漁を祈念しました。

みなと祭(境港)開催!

  1. 大漁祈願祭には60キロ級のマグロを奉納
  2. リニューアルされた水木しげるロードも魅力
  3. 前夜開催の妖怪ジャズも大盛り上り!

みなと祭りの前夜には境港妖怪ジャズフェスが開催されます。今年も NEIGHBORS COMPLAIN、→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)、矢井田瞳、 H ZETTRIO等が出演し約2,500人ものお客さんは真夏の夜を満喫していました。

イベント名第73回みなと祭
日程7月22日(日)
場所境港市

関連リンク

ページ上部へ戻る